2006年01月26日

「亡国のイージス」

昨年「電車男」と、どちらの上映を観るか迷って、
結局、観そびれたのでDVDを借りてきました。

登場人物が多いので1回観ただけじゃ解りにくいのかな?
疲れてるから、軽めの映画にしとこ→電車を選択したのでしたが..


亡国のイージス プレミアム・エディション


亡国のイージス」は素晴らしく豪華キャストです。
真田広之・中井貴一・佐藤浩市・寺尾聡...
時代劇映画で好演してる人ばかりですね(・∀・)ノィィョ-

しかも、セリフ少なにバタバタと死んでいく人達も
吉田栄作・谷原章介・豊原功輔・安藤政信だったり、
原田芳雄や岸辺一徳も登場シーンは長くはないのに、
存在感ある演技をしていて贅沢なキャスティングなのです。
真木蔵人も1分あるかないか?なのにカッコよく登場してる。
勝地涼は、10代なのにしっかりしてるなーと感心しました。

ストーリーは解りやすかった。
ラスト近くで、なんだか「ホワイト・アウト」に似ている
気がするな〜と思ったら、脚本家は同じでした。
正義感の強い熱い主人公が丸腰に近い状態から
悪に立ち向かってゆく話はスカッとしていい。
きっちり見せ場を考えた展開なので安心感があるというか..
(また、春の雪に続けて原作も読んじゃいそうだ)

「よく見ろ日本人、これが戦争だ」は平和ボケしてる私にも効いた。
まぁ、自衛隊や国防や思想等は、ひとまず置いておいても
(いや、そこは全面協力されてる位で非常に大事なんだろうけど)
真田さんの使命感あふれる熱演で、感動できます(・∀・)
戦艦、戦闘機ファンの方はワクワクしたんだろうな。
初回限定盤DVDでは艦内探訪もあるようで。

しかし、なぜか手旗信号シーンが絵的にかわいすぎて
笑ってしまったのは私だけでしょうか?あれを
大スクリーンで見なかったのは残念です。

こんな感じw

旗を振り終わって、踵がグソー(あぶない兵器)に「こつん」って
当たる所なんて、すごくいい演出?演技?だと思った。

女性が圧倒的に少ない映画ですが、むさくるしくはないです。
(俳優さん達は、制服を着ると線が細いなーと思った)
これに豊悦なんかを強引に入れたら最強キャストかもー。

こういう緊迫感あるTVドラマがあったら良いのに。。
ちなみに「輪舞」は、どうも集中して見られない...(^-^;

邦画は面白いです。また大作が観たいです。
「男たちの大和」も観るべきかな?くろーじゃーあーい♪
posted by ふゆこ at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。