2006年03月01日

有頂天ホテル

1月にTVで特番を観て面白そうだったので観てきました。

存在感のある役者さん達が、ギッシリたくさん出てきます。
で、それぞれ、そう長くはない時間のうちに役柄を
見せていて、テンポ良い映画でした。

三谷幸喜さんの構成ってスゴイんだなと思いました。
これだけ大勢の俳優さんが出てきて、2時間そこいらで
エピソードと背景キャラクターを見せて、
まとまってる映画もないだろうと思いました。

現実にいそうな人、出来事をデフォルメしてあって
面白かった。劇場で遠慮なく笑えて楽しい映画です。
細かいギャグの連続で笑いツボを刺激されました。

大俳優さん達が真顔であんなことやこんなことまで
見せてくれていて、思い出し笑い「ププッ」って映画です。

佐藤浩市の2つボタンのスーツが素敵でした。
篠原涼子のキャミソールワンピース姿が可愛かった。
ヅラ、特殊メイク耳、かぶりもの、小道具、強烈ですw

伊東四朗ってスゴイなーと思ったり。。
普通、役所広司と原田美枝子で、こういう映画を撮ろうと
思わないだろうと思ったり。。。

キャスティングが先で細かいシナリオは後だと
後から知りましたが、それにしてもスムーズに
並行進行していく話です。

久々に歌うYOUさんを見ました^^
観た後、スッキリHAPPY感がありました。

余談ですが--------
チケット売り場へ並ぶ前に、見ず知らずの40代女性に
「ねぇねぇ、あなた1人?何を観るの?」と聞かれ
有頂天です」と答えました。

チケットが余っていて買って欲しいとの事で、
ハイ、どこでも構いませんよと定価で購入。
(いかにも有頂天客っぽかったのだろうか?<私)

その方がどうというわけではないし、
チケット売り場へ並ばずに済んで良かったけど、
私が40代になってチケットが余っていたら、
年下の人には、プレゼントできるように
なっていたいなぁって思ったりした。1000円DAYだし。

以前、西武ドームへ「薔薇博覧会」を観に行って
チケット売り場前で財布を出そうとしたら、
女性が近寄ってきて
「1枚余っているから、良かったら使ってね」と
1600円くらいの入場券を頂いたことがあった。
とても、さりげなくて素敵な人だった。

そんな大人になりたいと思う今日この頃ですかわいい
posted by ふゆこ at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。