2006年03月03日

館林美術館

館林美術館
ttp://www.gmat.gsn.ed.jp/

群馬県立館林美術館へ初めて行ってきました。
「w-inds.」のPVで使われていた覚えがあったので
建物を観るのも楽しみの1つでした。
ガラスとカーブと水が印象的な建物です。

特別展示 鵜飼美紀+辻和美 「光のかけら」
12月10日〜4月2日


友人の薦めで面白そうだったので観てきました。
ガラスと光と水の展示ですが、天気や時間によって
違って見えて良さそうな..ずっと、眺めていたくなる
ような、空間でした。近く遠く、上と下、水滴の連続の
中へ入って眺めると不思議な感覚になります。

学生の時は、デッサンをしたり、
1つの物をじっと見る機会があったのに、最近は、
立ち止まらなくなっているなぁと思った。

常設展示に「フランソワ・ポンポン」という彫刻家の
動物の作品が数点あり、微笑んでしまうような
可愛らしさ、滑らかさでした。立体は色んな方向から
眺めると面白いです。紙粘土で遊びたくなりました。

静かで散歩にもオススメな場所です。広々していて、
雑多な空間にいる自分から離れられます。

glass01.jpg

上の写真は家でグラスに水を張ってみたものです


posted by ふゆこ at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14103360

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。