2006年07月08日

DEATH NOTE

デスノート前編、観てきました。
漫画の原作は読んでいないけど、面白そうだったので。

藤原竜也君がインタビューの中で
「ノートの字は直筆で少々恥ずかしいw」と言って
いたので、どんな字を書くのか見たかったのもあります(笑)
(ぃゃぃゃ、男らしい字で良かったです)

死神のCGなんかも違和感なくて面白かったです。
観る前に声優が誰とは知らなかったので、
観ながら誰の声だっけ?死神の外見に反して結構、温和な声で
シリアスではなく意外とコミカルなんだな..と思った。

エンドロールで名前を見て「へぇー、なるほど」と思いました。
中村獅童さん、色んな仕事してるんだな、みたいな。
雑誌のインタビューでスマップより忙しいとか仰ってました。

で、映画のストーリーなんですが、最初は純粋に裁かれない
犯罪者を消していくだけだったのが、徐々に自分の為にも
使いはじめる経過が藤原君の演技で上手く描かれていたと思う。
古畑ドラマの時の役より自然な感じがした。
死神との会話もCG用に一人演技らしいけど上手いなって思いました。

私的には死刑や法について、もう少し踏み込む重い作品が好み
なので、後編がゲーム的対決にとどまらないもので
あれば良いなと思うけど、そういう原作なら仕方ない。
まぁ、ラストと続きが気になるので観に行っちゃいますが。

後編で父親(捜査本部部長)とのからみ、本人の葛藤なんかも
あれば観たいなと思います。

松山ケンイチ君はメイクや演技で普段の写真とは別人で
爽やかさのかけらもない役wへの変わりっぷりが良かった。
彼は、いつも甘いものを食べていたので、観た後に
板チョコをボリボリ食べたくなってしまいました(笑)
(天才キャラだから脳が糖分を欲しているんですかね?)

瀬戸朝香、細川茂樹、香椎由宇も火サスのように
バタバタと死んでいってしまうので、じっくり演技という
感じではなく残念ですが、連ドラほど時間もないので
いたしかたないのかもしれません。

後編は2冊目のDEATH NOTEと戸田恵理香がフューチャリング
されてくるようなので楽しみですが。話がバラけずに
見せ場と緊迫感のあるストーリーだったらいいなぁ..

原作を13巻?購入する意欲もないのでマン喫でも行って
読んできたら、もっと楽しめるのかもしれないですがヾ(;´▽`A
TVドラマ的な映画で面白いと思いました。
posted by ふゆこ at 22:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
デスノ観たのね(^^♪
アタシも原作は読んだことないけど、やっぱ藤原クンが好きなんで( ̄m ̄〃)ぷぷっ 観たいなぁ・・・
レンタルされるまで(だいぶ先だなぁ)待つしかないんだけどね(^_^;)

最近は『バイオハザード』とか『トゥームレイダー』、『サイレント・ヒル』みたいにマンガやゲームが元になってる映画が多いよね。
イメージを壊さないように制作されてたりするから、ラストは・・・クスッ( ̄m ̄*)

また何か観に行ったら、UPしてくださいww
楽しみにしてまふ♪
Posted by カイリ at 2006年07月09日 15:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。