2006年11月15日

デスノート(後編)

ポイントが貯まったので500円で観てきました(笑)
藤原君は、今回なんだか舞台っぽい喋りになっていました。

今回は、レムという新しい死神、第2のDEATHNOTEの
持ち主=海砂が主人公に絡んできます。
ゴスなファッションやお部屋が、かわいかった。
戸田恵理香は、うまい。一生懸命なのがいい。

またもや、死神レムの声優が誰か調べてから行かなかったから
エンドロールでは、「へぇ、なるほど」と驚きがありました。

死者が続出な映画なんだけど、そもそも死神とか
ありえないからフィクションとして楽しめます。
対決がゲームっぽい感じがしないのはいい。

優しい死神、孤独な海砂、Lにちょいホロリとしてしまったw

特別、何かが残る映画じゃないとは思いますが面白い。

ラストの展開は、たたみかけるように速かったので
2回目に見たら、画面を楽しむ余裕があるかも。

「ふーん...そう」みたいな終わり方だった。

TVキャスター役の片瀬那奈も、「伸木の恋」以来に観ましたが
上手いなぁと思いました。脚やスタイルも見どころと
宣伝番組で見たけど、ほんとうにきれいだったw

レッチリの曲が、またいい感じでした。
posted by ふゆこ at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。