2006年12月08日

武士の一分

観て来ました\( ̄ー ̄)/良かったです。

現代人の感覚からも親しみやすく理解しやすい話なので
とてもしっかりした脚本の(お金のかかった)TVドラマの
時代劇のように観やすかった。

キムタクも普段のオレオレ演技(いい意味で)を
きちんと残していたので冒頭はラフな印象を持ちましたが
その明るさと失明後のギャップがドラマティックです。

たまにボソボソ喋りになったり、そのまま無理せず
時代に入っているので豪華役者陣の中で、やや青い感じも
しましたが、演じるのは若い侍で効果的で似合っていたと思う。
映画の中のつがい文鳥のように若夫婦を美しく演じてました。

スター性もあるし、全てにおいてシブシブじゃないのが
いいと思うし、剣の立ち回りは素晴らしく見ごたえあります

途中から失明した侍という難しい役を演じてました。
焦点の合わない眼差し、見えないものを見つめる目、
良かったと思います。

こうやればこう見えるっていうのを知ってる感じはします。
そういう意識が見え隠れするのが良いかどうかは解らないケド..

( ゚o゚)あ、ふと思ったのですが
顔が整いすぎてると、同じ事をやっても
ワザとらしく見えがちで味があると見られにくいかもしれません。

男も女も美人のリスクみたいなのもあるのかもしれない。
何をやってもキレイにキザにクサく見えてしまうとか...

それもある意味、偏見だなと思ったりします。

見た目に惑わされるな」というほどに容姿は重要ですね(爆)

「人は見た目が9割」には頷けるものがあります(; ̄ー ̄A
もう、これは遺伝子の業ですから仕方ない(笑)

話がズレましたが....

中間(下男)役のの笹野高史さんが、まるでセットのように
ずっと時代感を出しながらスクリーンの中にいるのが
素晴らしかった。だまっていても主役「新乃丞」を
語る重要な役柄です。

パンフも(私にしては珍しく)購入しました。文数が多くて、
インタビューも濃い。紙質も良くて価格以上です。
これは発行部数が多いおかげかな('_')?

...その笹野高史さんと主人公の従兄弟の子役が
からむ、面白くなごめるシーンがありますが
本当の息子さんなのだそうです。(パンフ参照)

番組宣伝で普段の笹野さんの姿を拝見しましたが
平成ではなく江戸の姿のほうが標準じゃないのかと
思えるくらい、物語にとけこんでいました。日本人らしい。

「だんな様ぁ」と飄々とコミカルな味を出しつつも
上下関係の忠義や愛情をただよわせていました。
果し合い前夜の主人との会話は泣かせられました(´;ω;`)

敵役、三津五郎さんは、悪役イメージではなかったけど
ずるいエリート侍を華麗に演じていました。

主人公の美人妻と旧知の間柄で騙して手ごめwにする役だけど
三津五郎さんの柔らかな雰囲気で少し同情の余地があった。

他にも、小林念侍さん、桃井かおりさん、緒方拳さんなど
短い演技や言葉の中にも色々な背景をかんじさせる
素晴らしい役者さん達が出演なさっています。

果し合いのシーンは鮮やか!必見です。もう一度観たいです。

盲目で死を覚悟して闘うシーンは座頭市もビックリw
素晴らしい集中力と、抑えた怯えまでも表現していて
息がのむような数分です。(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

「侍」とういと公の立場としての義を描くと思いますが
「武士」というタイトルには、心の中に剣を持ち、
ここだけは譲れない「一分」を守る男の姿が
表れているように思いました。

下級武士の人間味あふれた生活と時代における立場を
描く山田洋次監督の時代劇3部作は親しみやすく
心を打たれます。映画を観ると精神を大事にしてきた
日本人であることを感じます^^

新乃丞の登城シーンでは「かみしも」にいつもきちんと糊が
効いていたり、奥ゆかしい夫婦愛を細かく描いた作品です。

庄内弁は良かったでがんすー。
また、DVDが出たら借りたいと思いました(o^∇^o)


たそがれ清兵衛
 同監督作「たそがれ清兵衛」DVD¥2,189(税込)

 ※2007年2月28日までの期間限定出荷です(*´∇`*)
posted by ふゆこ at 11:44| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

AngeMouton

先日、倉賀野のアンジュムートンというワインレストラン
(イタリアン系)へランチを食べに行きました。

angemouton.jpg お店の外観はこんな感じ
 
 店内も明るくてきれいでした。

 ランチは11:00〜2:30(L.O)ですが、

 12:00前に女性で満員でした。


061130~001.jpg
イベリコ豚の生ハムのサラダ

 塩味がワインに合います
 
 岩塩・ペッパーが効いた
 オリーブオイルのドレッシングです




061130~002.jpgカキとブロッコリーのクリームパスタ

 これは大粒の牡蠣が美味しかった。
 プリっとジューシィ。

 最近、おいしい生牡蠣をレモンで
 食べてから牡蠣の虜です。

 ブロッコリーの茹で加減もGOOD◎

パスタは、やや太め。粉の味もアルデンテ加減もとても良かった。

全体的に良い素材を使っているようで、
まず、そのものの味が美味しかった。

夜にのんびり飲みながら、つまみたいような
メニューが色々あってトキメキました♪

11月なのでボージョレ・ヌーボーをグラスで注文しました。
ラブレ・ロワは飲みやすくて美味しかった(*´∇`*)

※ラブレ・ロワ社は世界中30社以上の飛行機の機内ワインとして
採用されるワインを生産する実力派なんだそうです。


ラブレ・ロワ・できたてワイン本来の深い味わいが
楽しめるノンフィルター(無ろ過)・ヌーボー
数量限定のプレミアム商品



ランチのマットにも可愛らしい羊イラストが手書きで
書かれていて、なごむお店でした。
コーヒーも美味しいです。ランチは980円〜

今度はウニのクリームパスタや他のメニューも
食べてみたいです。カワイイ素敵なお店でした♪

高崎市倉賀野町1167-4
lunch 11:00〜 2:30(L.O)
Tea   2:30〜17:00(L.O)
dinner 17:00〜21:30(L.O) 水曜休
posted by ふゆこ at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

デスノート(後編)

ポイントが貯まったので500円で観てきました(笑)
藤原君は、今回なんだか舞台っぽい喋りになっていました。

今回は、レムという新しい死神、第2のDEATHNOTEの
持ち主=海砂が主人公に絡んできます。
ゴスなファッションやお部屋が、かわいかった。
戸田恵理香は、うまい。一生懸命なのがいい。

またもや、死神レムの声優が誰か調べてから行かなかったから
エンドロールでは、「へぇ、なるほど」と驚きがありました。

死者が続出な映画なんだけど、そもそも死神とか
ありえないからフィクションとして楽しめます。
対決がゲームっぽい感じがしないのはいい。

優しい死神、孤独な海砂、Lにちょいホロリとしてしまったw

特別、何かが残る映画じゃないとは思いますが面白い。

ラストの展開は、たたみかけるように速かったので
2回目に見たら、画面を楽しむ余裕があるかも。

「ふーん...そう」みたいな終わり方だった。

TVキャスター役の片瀬那奈も、「伸木の恋」以来に観ましたが
上手いなぁと思いました。脚やスタイルも見どころと
宣伝番組で見たけど、ほんとうにきれいだったw

レッチリの曲が、またいい感じでした。
posted by ふゆこ at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

手紙

東野圭吾原作の『手紙』を観てきました。
http://www.tegami-movie.jp/

デスノートのついでに...と先に観たのですが、良い映画でした。

暗く重い人生を演じる山田孝之が観たいのでした。
実はとても山田ファンな私。なぜか苦脳していて欲しいw

玉山鉄二と沢尻エリカには、特に期待をして観ません
でしたが予想外に良かった。役柄と合っていたと思う。

玉山鉄二は多く喋らないほうが良いのかもしれない。
坊主頭になって手紙を待ちわびる服役囚を、祈るような眼差しで
演じているのが良かった。繊細な演技というか雰囲気は
存在感があり、弱く美しかった。坊主が似合っていたので、
戦争を扱った映画などにも出演して欲しいくらいです。

沢尻エリカは関西弁のへこたれない世話好きな一途な役が
似合っていた。当初、スクリーンでは若干鬱陶しい存在に
思われたが、主人公と共に体当たりな態度には心を動かされます。

全てを含め、見守る大らかな愛情を良く表現していた。
本人の強さ?が良い方向へいってると思う。
途中からメイクが濃すぎのような気がしたのは私だけかなー?

弟の学費の為に空き巣に入って誤って殺人を犯した兄、
そして、そのために迫害を受け、夢や愛を諦めていく弟。

仮に空き巣に入らなくても誤って人を殺してしまう事は
実際にあると思う。犯罪者の家族となってしまった為に
被る様々なこと。なお、家族を許し愛し受け入れつづけられるのか?

夫婦や恋人には、まだ別れるという道もあるが肉親は
ずっと肉親であり、そこに愛と憎しみがあると思う。

犯罪者の家族となった時に、世間からこんなにも仕打ちを
受けるものかと、世間と繋がり薄く生きる自分などは
思ってしまったが、実際はもっと酷いのかもしれない。
1人で生きているとは思ってはいけないな...と思う。

被害者の息子を吹越満が演じていましたが、彼は本当に
存在感がある人だと思う。意志の強さを淡々と表現して
ホワイトアウトや容疑者室井などでも印象強い。

「もう、いい」(「許す」ではなく「いい」)と堪えながら
言う姿は被害者家族となった時のイメージを容易にした。
こちらも、いたたまれない...

無期懲役の兄に決別の手紙を送る弟、塀の中で時が流れが
止まるほどに、ゆるやかな兄の失望...自己存在理由を
失った悲しみと悔い。自殺してしまうのかと思った。

また、これは差別に迫った作品であると思います。
しがらみ少なく生きているような気がしている自分には、たとえ
家族が犯罪者でも本人には罪がないと思っている所がありますが
実際、結婚や就職となると周囲から及んでくる影響があるのが
現実なのかもしれません。

社長令嬢との恋が潰えてしまうのは、そんなに悲しいものなのか?
漫才師を辞めなくてならなくなったのは残念なのは理解できても
逆玉サクセスのような恋の成就に魅力はあったのか?
少々疑問ではありました。別人になりたかったのか?
(この辺は白夜行っぽいのかも?)

辛酸な生活を余儀なくされた主人公に暗い部分がない令嬢は魅力が
あったのかもしれない....社会的ステイタスも夢であるというのは
男性的な恋なのかもしれません。

主人公(山田孝之)の明るい漫才シーンも観れます。
これが、ラストで大きな意味を持ちます。ここは泣けます。
この慰問漫才は泣ける。言葉につまる弟、ふるえる兄の演技、
どちらも最高です。泣き笑い的なギャグは超絶です。
相方の見守る友情の永続性にも心打たれます。

許す」な映画です。

挿入歌が小田和正「言葉にできない」でしたが、
自分はこれは、ちょっと既存のイメージが強くて、え?コレ?と
新鮮な感動がなかった。歌声は美しく良い歌なんだけど。

「アカルイミライ」BACKHORNみたいな新鮮な響きが欲しいかも。
主題・挿入歌はイメージとズレてると集中できないです。
まぁ、あくまでも主観だから、そこでハッと感動する方も
いらっしゃることでしょう。。。

考えさせられる映画は好きです。
「13階段」「刑法36」重いテーマですが面白かった感動した
だけで終わらない後味残る感じが良いとおもいます。

生きることについて、罪について考えさせられます。
また、原作を後追いで読んでみたいと思いました。
原作を読んでから観た方は、どう思われたのでしょうか?

てか、長いな!感想文が長すぎ!(笑)
posted by ふゆこ at 23:30| Comment(4) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

パンプキンパイ

061021.jpgかぼちゃのパイです。

ヤマザキパン製、137円ですが
可愛くて甘めで美味しかった。

山パンも季節感出してていいなぁ。

パイならパサつき感も少ないし、軽食にGOOD。
これは10月いっぱいの販売みたいです。

そういえば最近、ローソンで買った
チーズまん105円は
http://www.lawson.co.jp/company/news/1076.html

全粒粉生地にカマンやクリームチーズが入っていて
中華まんというより、焼きたてパンの内側や、
ふかし立てパンような生地で、美味しいと思った。

チーズパン好きにはたまらないです\( ̄ー ̄)/
具がない皮部分も飽きずに食べれる感じです。
posted by ふゆこ at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。